CATARACT

6.白内障の予防について

白内障の発症のメカニズムはまだわからないことも多く、これで確実に予防できるという予防法はありません。しかし、患者さんを対象にした調査の結果や、老化に関する研究データなどから、いくつかの方法は予防に有効と考えられますので、日常生活で心がけることはよいといえるでしょう。

(1) UVカットのメガネやサングラスを着用し、紫外線などの有害光から目を守る。子供にはつばの広い帽子をかぶせる。

(2) 野菜や果物から抗酸化栄養素をしっかりとる。とくに緑黄色野菜には水晶体の酸化を防ぐためのルテインやビタミン類が多く含まれています。

(3) 適度な運動を習慣にする。

(4) 白内障を進行させる糖尿病を予防するために、血糖値をあげない食生活に注意する。白砂糖のほか、炭水化物や飲料の糖質を控える。

(5) 禁煙する。

昨今話題のスマホやパソコン画面から発光されるブルーライトについては、まだ科学的根拠が不足しているため、ここにはあげませんでしたが、紫外線に最も近い可視光を直接見るという点から、子どものころからの長期間の使用について懸念する声もあります。今後の研究が注目されますが、体内時計や全身の健康への影響も配慮し、使用時間を制限するなどの対策は推奨できるでしょう。